メニュー

日別アーカイブ: 2016年12月16日

ありきたりな物語|桐野夏生「顔に降りかかる雨」
物語には物語るのに必要な文体というものが存在する。もし文体という概念がなければすべての文章は、ただの写生分となってしまう。文学においては、現実に起こったことに対してどのように対処するかで物語の構造が変化し、その結果、世界 […]