メニュー

日別アーカイブ: 2017年2月13日

転向小説(序)|安部公房「榎本武揚」
私はかつて「遁走小説」というものを以前考えついて、丸谷才一「エホバの顔を避けて」や「笹まくら」を特に挙げて、名付けてみたことがある。遁走という考え方は嫌なものから逃げる、つまり忌避するということはどういうことか、というこ […]