メニュー

日別アーカイブ: 2017年2月19日

論理思考の限界|マーティン・スコセッシ「沈黙-サイレンス-」
遠藤周作の小説に『沈黙』というタイトルの本がある。私はこの本を十代の時に読んだ。 その理由はタイトルの『沈黙』に惹かれたからだ。なんという愚かなことだろうか。その行為によって私は文学の森に足を踏み入れてしまったのだ。そし […]