メニュー

日別アーカイブ: 2017年3月18日

自分を愛する歌|ギュンター・グラス「ブリキの太鼓 第二部」
ギュンター・グラス『ブリキの太鼓 第2部』を読んだ。この物語の特徴は話者の分裂にあると感じたのだが、自分なりにそのことを考えてみたい。 グラスは『ブリキの太鼓』をテキストと考えているように感じる。それはドイツ文学の特徴か […]